女性に多い、便秘について

便秘、ようするに便が詰まって出ない状態。

なぜ便秘になるのか?便秘になるとどうなるのか?

なぜ?
人間の体には消化器官があります。

口から肛門まで。消化官といいます。肝臓や胆嚢、膵臓は消化腺ですね。

そのなかでも大腸の役割は食物繊維の発酵や水分の吸収です。

食物繊維が少ない場合、もちろん水分、食事量が少ない、運動不足になると

腸の蠕動運動が弱まります。

よって、肛門へたどりつくまで時間がかかる。さらには水分がどんどん吸収される。

結果、便秘になります

便秘の人はどのようなことになるか?

便秘=腸が動かない
腸が動かないと熱を出しませんから、体が冷える
体が冷えると基礎代謝が下がる。

基礎代謝が下がると太りやすくなる。

要するに便秘は肥満や冷え性・肌荒れにつながります

では、解消するにはどうすればいいか?

運動する(腹筋運動でOK)

水分を摂る(水1日2リットル目安)

食物繊維を多く摂る(ただし便秘がひどくなってからはNG)

この結果、便秘は解消され、基礎代謝も上がり、冷え性や肥満も解消されていきます。

ただ、ストレス性の便秘もあるので要注意!!

まずは腸をキレイにしましょう。

どんだけお肌の手入れをしても、どんだけお洒落をしても

腸が汚ければ…ですね。

その根本を探し、改善していきましょう