「コレステロールが高いのよ。」「中性脂肪が高いのよ。」

こんな会話を聞いたことがあります。
では、コレステロールってなんだ?
皆さん、脂肪はご存知ですよね?

いらないもの?いえいえ脂肪も生きていくうえで必要な栄養素です。

脂肪の仲間を総称して脂質と言います。

脂質は体を構成している細胞の部品になったり、ホルモンの材料にもなります。

血液の中にも脂質は含まれています。
コレステロール:細胞膜の構成成分、副腎皮質ホルモン、胆汁酸の原料にもなります。
中性脂肪:脂肪細胞や肝臓に蓄えられエネルギーになります。
遊離脂肪酸:中性脂肪のままではエネルギーとして使われません。中性脂肪は必要に応じて遊離脂肪酸として血液の中に放出されエネルギーとして使われます。
リン脂質:コレステロールと同じように細胞膜の主な構成成分です。また水に溶けにくい他の脂質を包み血液中を運ぶ役割も果たしています。

と、この4種類です。

コレステロールと聞くと、悪いイメージしかありませんが、これまた生きていくうえで必要なものなんです。

中だけでなく、脳や脊髄などにもあります。

食事から作られたり、体内おもに肝臓でも作られています。

ここでポイントは食事でとったり、体内で作られたりというコレステロール

これをどうコントロールするか?そう健康な人は食事で多く摂ると、体内で作られる量が減り

うまく調整していきます。しかし、不健康な人や年を取っていくごとにこのコントロールが乱れます。

ここが要注意なんです。

そして、善玉、悪玉コレステロール。実際には善や悪という名前ではありません。

機能的にそう呼ばれているだけです。

では、コレステロールを下げるにはどうすればいいか?

健康でいること。すなわち食事のバランスですね

ビタミン、ミネラル、食物繊維をたっぷり摂る。

脂っこいものや甘いものを摂り過ぎない。

ビールやたばこもダメ。

さらには、血液をサラサラにするDHA&EPAのサプリを摂る。

これで十分です。

コレステロールが高いかなと思ったら、なごみへどうぞ!!